表情ジワが刻まれていくのはナゼ??



お肌の真皮層にはエラスチンやコラーゲンなどの線維がはりめぐらされていますが、その中でもコラーゲンはゴムのような弾力があり、これが肌をおしても元に戻り、笑ってシワがでても、その後、元通りにしてくれます。

しかし、コラーゲンは紫外線や活性酸素により弾力を失い、硬くなってしまいます。若いうちは、お肌の新陳代謝によって、コラーゲンも、どんどん生まれ変わるのでよいのですが、40歳を過ぎたころから女性ホルモンの低下にともない、コラーゲンの再生力が急激に低下してしまいます。そうなると、顔の表情によりシワが生まれる部分は、もとに戻らなくなり、表情ジワとして刻まれてしまいます。

なお、コラーゲンの再生能力は、50歳近くなると、ほぼゼロに近い状態になってしまい、そうなると、シワは、どんどん深まっていく一方となってしまうのです。

シワの進行を少しでも遅らせるためには、日焼け止めやパウダーファンデーションなどで、コラーゲンを変質させる紫外線をしっかり防ぎ、また抗酸化作用のある化粧品を使うこともひとつの方法です。

そのうえで、新しいコラーゲンの再生を高める「ビタミンC誘導体」「レチノール」などが配合された化粧品を使うとよいでしょう。