コラーゲンは塗っても飲んでもコラーゲンにはならない?!


コラーゲンは、そもそも分子量が大きいので、お肌に塗っても、吸収されることは、ほぼありません。

仮に、分子量を小さくして、お肌の真皮層に届いたとしても、コラーゲンというものは「自分のコラーゲンではない」とカラダが異物として判断してしまい定着しないと考えられています。しかも、化粧品で使われるコラーゲンは、ほとんどが魚由来のコラーゲンなので、人のコラーゲンと魚のコラーゲンは構造が違うため、それがそのまま肌のコラーゲンにはなることはないのです。

また、コラーゲンドリンクなどで飲んで摂取した場合は、飲んだコラーゲンは、いったん体内で消化されてアミノ酸に変わるので、それがそのままコラーゲンとして吸収されるわけではないので、つまり、そのまま肌のコラーゲンになることもないのです。

そのため、お肌のコラーゲンを増やすためには、コラーゲンそのものを使ったり飲んだりするよりも、コラーゲンの再生力を高めるビタミンC誘導体やレチノールが配合された化粧品を使うほうが賢い選択です。


セラミド配合化粧品(美容液・クリーム・化粧水)完全ガイド

表情ジワが刻まれていくのはナゼ??


お肌の真皮層にはエラスチンやコラーゲンなどの線維がはりめぐらされていますが、その中でもコラーゲンはゴムのような弾力があり、これが肌をおしても元に戻り、笑ってシワがでても、その後、元通りにしてくれます。

しかし、コラーゲンは紫外線や活性酸素により弾力を失い、硬くなってしまいます。若いうちは、お肌の新陳代謝によって、コラーゲンも、どんどん生まれ変わるのでよいのですが、40歳を過ぎたころから女性ホルモンの低下にともない、コラーゲンの再生力が急激に低下してしまいます。そうなると、顔の表情によりシワが生まれる部分は、もとに戻らなくなり、表情ジワとして刻まれてしまいます。

なお、コラーゲンの再生能力は、50歳近くなると、ほぼゼロに近い状態になってしまい、そうなると、シワは、どんどん深まっていく一方となってしまうのです。

シワの進行を少しでも遅らせるためには、日焼け止めやパウダーファンデーションなどで、コラーゲンを変質させる紫外線をしっかり防ぎ、また抗酸化作用のある化粧品を使うこともひとつの方法です。

そのうえで、新しいコラーゲンの再生を高める「ビタミンC誘導体」「レチノール」などが配合された化粧品を使うとよいでしょう。




くまの原因はさまざま。知っておきたい3つのパターン


疲れてもいないのに、まわりの人から「疲れてるの?」と言われるようになったりして、目の下のくまが気になるようになったら、まずは「くま」には大きく分けて3つの種類があるということを知っておく必要があります。

1:青ぐま
2:黒ぐま
3:茶ぐま

というように、「くま」と呼ばれるものには、大きく分けて3つ種類があります。

目のまわりの血液がよどみ、それが薄いまぶたの皮膚をとおして透けて見えてしまう、血液のうっ滞による「くま」のことを「青ぐま」と呼びます。

疲れているときにできる「くま」は青ぐま。ただ、色白の人、皮膚が薄い人は、皮膚が透けやすいので目立ちますし、年齢とともに皮膚がさらに薄くなると、疲れていなくてもつねに青ぐまの状態になる人もいます。

なお、青ぐまは、遺伝的要素が大きく、小さいころからくまが目立つことが多いようです。ほかに特徴としては、コンシーラーなどで隠せば目立たなくなるという特徴があります。

続いて、「黒ぐま」ですが、これは年齢を重ねることによりまぶたの皮膚が薄くなり、皮膚の下の脂肪を支えきれなくなって、皮膚の下の脂肪が前にせせりだしてきて、それが下のまぶたに影を作り黒っぽく見えてしまうものです。つまり、むくみやたるみにより出来てしまう「くま」のこと。実際、一番多いパターンは、これです。

なお、手鏡を持ち、あごを上げて顔を上に向け、それで目立たなくなったら、ほぼ「黒ぐま」だと考えてよいでしょう。なぜなら、たるみは重力に影響されるので、上を向くと目立たなくなるからです。

最後の「茶ぐま」は、目の下に小さなシミができて、それが連なって、くまのように見えるもの。つまり、シミ、くすみによるものです。

なお、寝不足で濃くなることもなく、上を向いても薄くならないようであれば、「茶ぐま」の可能性が高いと考えられるでしょう。

さて、それぞれの対策ですが、

1:青ぐま⇒コラーゲンを増やすケア(ビタミンC誘導体、レチノール配合化粧品)+冷え性改善ケア
2:黒ぐま⇒コラーゲンを増やすケア(ビタミンC誘導体、レチノール配合化粧品)+むくみ防止ケア
3:茶ぐま⇒美白ケア(美白化粧品)+ピーリングケア

というのが一般的なケアと言われています。


シワやたるみの原因は、お肌のコラーゲンやエラスチン


お肌の真皮層には、コラーゲンやエラスチンというタンパク質でできた線維が張り巡らされていますが、これらの線維はゴムのような弾力があり、これが、お肌のハリを保っています。

しかし、この線維は、年齢とともに、徐々にゆるんでいき、新品のときはハリがあったパンツのゴムが古くなるとユルユルになってしまうかのように、お肌の線維も伸びたり切れたりしてしまいます。

このように、コラーゲンやエラスチンが老化により伸びたり切れたりしてしまうのが、「シワ」や「たるみ」の原因です。

シワやたるみをケアする方法としては、ビタミンC配合だったり抗酸化作用のある美容液で、なでるように優しくマッサージするとか、口まわりの筋肉を鍛えるグッズ、低周波の美顔器などが効果的です。




美白化粧品はシミには全く効果がないって本当?


女性が気にするシミのほとんどは「老人性色素班」と呼ばれるもので、紫外線によってできます。

この老人性色素班と呼ばれるシミは、でき始めは、ごく薄い茶色や黒褐色をしていますが、これはお肌の奥でメラニン色素が増えているため、そのように見えるのです。

そこへ、さらに紫外線があたると、皮膚そのものの構造が変化してしまい、濃くはっきりとしたシミになってしまいます。

こうなってしまうと、美白化粧品では、もう効果がありません。なぜなら、そもそも美白化粧品というものは、肌の中でメラニン色素が作られるのを予防する働きをするものがほとんどだからです。

とはいえ、美白化粧品がまったくシミに効果がないかというと、そうでもありません。シミにもいくつか種類があり、その中には美白化粧品が有効なものもあるからです。

・老人性色素班 △
・肝斑 ○
・雀卵斑 △
・炎症性色素沈着 ○
・脂漏性角化症 ×
・花弁状色素班 ×


さて、シミの予防には有効な美白化粧品ですが、その美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン、甘草エキス、カモミラETなど多くの種類があり、それぞれメラニン色素の発生を防ぐというような効果があります。


美肌をつくるインナーケア


お肌をきれいにしたい!と思ったとき、どうしてもスキンケアをはじめとする外側のケアに一生懸命になりがちですが、内側のケア、つまりインナーケアもしっかりやらないと、美肌はつくることはできません。

ほうれい線や目のシワが気になりだしたり、体脂肪が気になりだしたり、便秘、肌荒れ、代謝も悪くなり体型も崩れ・・・

インナーケアを始めるキッカケは人ぞれぞれですが、方法も、また人それぞれ。

今回は、雑誌やネットで見かけた、人それぞれのインナーケアの方法について、いくつか紹介してみます。


・白米よりは玄米、フランスパンよりは胚芽パンというように、できるだけ小麦粉や白砂糖を使ったものは食べないようにする

・食物繊維が豊富な「ごぼう」「こんにゃく」を積極的に摂取

・めかぶや昆布などの海藻類を積極的に摂取

・キウイや柑橘類などのビタミンCが豊富なフルーツを朝に摂取

・朝のバナナと青汁のジュース

・1日1回、豆乳を飲む

・朝は、グリーンスムージーのみ。代謝酵素を消化に使わないようにして代謝のよい体をつくる。

・小松菜にバナナ、桃、ニンジン、アボガドのミックスのスムージー

・外食や飲み会が続いたときは、酵素ドリンクでファスティングして調整(プチ断食)

・良質なたんぱく質は「お肉」で摂取

・1回の食事で種類を多く食べるようにする

・朝起きてすぐに白湯を飲み、食事は野菜から食べ始める

・酵素や養命酒で便秘を予防

・トマトをたくさん摂取

・食べる前に「酢」を飲む

・質の良いオリーブオイル

・ノンカフェインティーでリラックス

・プーアール茶

・プラセンタやコラーゲンサプリで食事では補えないものをカバー

・コラーゲンドリンクはマスト

・ホットヨガでたっぷり発汗してデトックス

・半身浴しながらリンパを流すマッサージ

・半身浴のおともにコントレックスを飲む

・ソルト入りバスでリラックス

・寝る前の腹式呼吸。丹田を意識して呼吸。

保湿効果のあるアイメイク


皮膚が薄い目元は「ちりめんじわ」や「くすみ」など、さまざまな悩みがあらわれやすい場所。夕方になって、ちりめんじわが現れないようにするためにも保湿効果のあるアイメイクは重要です。

スキンケアでは重要視される保湿ですが、実は、メイクでも保湿機能がプラスされているものを選ぶことで、目元の老け感は予防できるのです。

夕方までしっとりというような声も多い「オンリーミネラル」などが、こういった類のコスメでは人気の商品です。




クラリソニックの効果が人気の秘密


手で行うクレンジングや洗顔は、思っている以上に、お肌を摩擦でいためている可能性がありますが、そういった心配をせずに安心して「お肌にやさしい」洗顔ができるということで、話題になっている「新ジャンルの洗顔器」が「クラリソニック」です。

見た感じ、ブラシで洗うように見えるので、かえってお肌を傷つけるのでは?と思ってしまいますが、実はそうではないようです。

クラリソニックの効果の理由は、1秒間に300回もの「音波振動」でお肌を細かく揺らすことで、毛穴の奥から汚れを浮き上がらせて落とす仕組みで、決してブラシを回転させてゴシゴシと掻き出しているわけではないという点です。

実際に試してみると、確かにブラシでゴシゴシというよりは、振動でなでられてるような気がして、くすぐったいという感じ。

そんな感じで肌に優しい感触なのですが、普通の洗顔ではなかなか落ちにくい油性のメイク汚れもするっと落ちる感じで、かなり効果的。実際、高級スパやクリニックでも導入されてるようです。

しかも、自動的に停止するタイマー機能もついているので、洗いすぎることもありません。

また、クラリソニックは古い角質をとることができるようなので、毛穴の詰まりも目立たなくすることに期待ができます。

クラリソニックの詳細はこちら

スムージーダイエットの効果と人気の理由


急激なダイエットを目的とした極端な食事制限は、ホルモンバランスを崩してしまい、栄養素もとれなくなり、体をこわしてしまいがちです。

それよりも、腸を整え、食べても太りにくい体質を目指すのが賢い方法です。

私たちの体は、何十兆個の細胞でできていますが、それを作っているのは口から入れる食べ物や飲み物です。

野菜や果物に含まれる栄養やビタミンは、代謝のエネルギーとされ、腸内環境にも深く関わっています。

当然、野菜や果物そのものを食べるのが理想的かもしれませんが、1日に必要な量を摂取するには、けっこうな量の野菜や果物を食べる必要があり、現実的ではありません。

また、果物は、知ってる方も多いですが、なかなかカロリーも高かったりします。

そこで、カロリーも低く抑えられていて、腸の環境を整える食物繊維と乳酸菌が手軽に摂取できるスムージーダイエットが人気を集めているのです。




ここ数年、話題のナチュラル&オーガニックコスメ


ここ数年、香りもよく花々や草木のパワーを感じる自然派コスメ、オーガニックコスメが人気を集めています。

その理由は、もともと原料や製法の基準が厳しいので、品質に定評があり、安全性にも優れていることと、自然の成分は作用にも多様性があり、弱ったところに成分が届きやすいという点があげられます。

中でも人気のブランドは、テラクオーレ、キャロルプリースト、インフィオーレ、エッフェオーガニック、ニールズヤード レメディーズなどです。

特に、テラクオーレのオーガニックダマスクローズを1本に900輪も使用した贅沢なクレンジング洗顔料はネット通販をはじめ人気を集めています。

●参考
クレンジングの選び方完全ガイド

その他、美白目的だと「ロクシタン」、UVケアだと「コレス」、美肌メイクだと「ベアミネラル」、くすみケアだと「ジュリーク」、はり目的だと「ドクターハウシュカ」、エイジングケアだと「ヴェレダ」、ヘアケアであれば「アヴェダ」が人気のようです。

また、人気の成分としては、ローズヒップ、シアバター、yオリザノール、ダマスクローズ、ラズベリー、ビルベリー、キバナオランダセンニチエキスというような感じでしょうか。

最近では、シアやアルガンオイルが珍しくなくなったので、次なる注目成分としてオメガ3系オイルなどの抗酸化効果に優れた成分や、海藻や種子のまわりの「とろみ成分」を保湿に活かすことが注目されてます。

女弁護士