化粧品の浸透が悪いのは「角質」が原因?!



人間のお肌は、紫外線や温度、湿度の変化から守ろうと、常に変化しています。

ですので、お肌の表面が皮脂や汗でうるおっているように感じても、実際は、角質が「かかと」のようにゴワゴワになっていることも多々あります。

そんな状態では、化粧品の浸透も悪くなりがちなので、洗顔後すぐに乳液などでお肌をやわらかくほぐして、水分のめぐりの良い状態にする必要があるのです。

お肌の乾燥がひどい場合は、角質柔軟成分の入ったスキンケア製品で、お肌、角質のごわつきをほぐしてあげるのも一つの方法です。