毛穴のケアに有効な3つの方法



年齢を重ねるごとに、以前より毛穴が広がってきたというような場合、そのほとんどが、お肌の「たるみ」が原因です。

お肌の真皮層にあるコラーゲンが弾力を失って、ゆるんでしまい、毛穴を支えきれなくなってしまって毛穴が開いてしまう。このとき、毛穴が縦に広がって涙型になるため「涙毛穴」とも呼ばれています。

たるみ毛穴(涙毛穴)の場合、テカリを感じたらコマメにあぶらとり紙などでお肌の表面の皮脂をふきとることが大事です。このとき、ティッシュでとるのはやめたほうがよいです。なぜなら、ティッシュの線維は肌をいためるからです。

ちなみに、お肌の表面に浮いた皮脂をそのままにしておくと、それが酸化されて、過酸化脂質に変わり、これが肌老化を促進して、毛穴を余計に開かせてしまうので注意しましょう。

2つめの対策は、ビタミンC誘導体入りの化粧品を使うということ。

なぜなら、ビタミンCには、真皮層のコラーゲンを増やす作用と、若干ですが、皮脂抑制作用があります。おすすめは、肌への浸透性が高いリン酸、バルチミン酸型のものです。

なお、美容皮膚科では、イオン導入という、電気の力でビタミンCを真皮層まで浸透させる治療を行っています。

家庭用のイオン導入器も、最近は、安く販売されています。週1~2回程度イオン導入を行うと、それなりに毛穴引き締め効果を実感できるでしょう。

3つめの対策は、ピーリング化粧品を購入するなどして、ピーリングでコラーゲンを強化するという方法です。

ピーリングは、コラーゲンを増やす作用があり、毛穴をきゅっと引き締める効果があります。