コラーゲンは塗っても飲んでもコラーゲンにはならない?!



コラーゲンは、そもそも分子量が大きいので、お肌に塗っても、吸収されることは、ほぼありません。

仮に、分子量を小さくして、お肌の真皮層に届いたとしても、コラーゲンというものは「自分のコラーゲンではない」とカラダが異物として判断してしまい定着しないと考えられています。しかも、化粧品で使われるコラーゲンは、ほとんどが魚由来のコラーゲンなので、人のコラーゲンと魚のコラーゲンは構造が違うため、それがそのまま肌のコラーゲンにはなることはないのです。

また、コラーゲンドリンクなどで飲んで摂取した場合は、飲んだコラーゲンは、いったん体内で消化されてアミノ酸に変わるので、それがそのままコラーゲンとして吸収されるわけではないので、つまり、そのまま肌のコラーゲンになることもないのです。

そのため、お肌のコラーゲンを増やすためには、コラーゲンそのものを使ったり飲んだりするよりも、コラーゲンの再生力を高めるビタミンC誘導体やレチノールが配合された化粧品を使うほうが賢い選択です。


セラミド配合化粧品(美容液・クリーム・化粧水)完全ガイド