くまの原因はさまざま。知っておきたい3つのパターン



疲れてもいないのに、まわりの人から「疲れてるの?」と言われるようになったりして、目の下のくまが気になるようになったら、まずは「くま」には大きく分けて3つの種類があるということを知っておく必要があります。

1:青ぐま
2:黒ぐま
3:茶ぐま

というように、「くま」と呼ばれるものには、大きく分けて3つ種類があります。

目のまわりの血液がよどみ、それが薄いまぶたの皮膚をとおして透けて見えてしまう、血液のうっ滞による「くま」のことを「青ぐま」と呼びます。

疲れているときにできる「くま」は青ぐま。ただ、色白の人、皮膚が薄い人は、皮膚が透けやすいので目立ちますし、年齢とともに皮膚がさらに薄くなると、疲れていなくてもつねに青ぐまの状態になる人もいます。

なお、青ぐまは、遺伝的要素が大きく、小さいころからくまが目立つことが多いようです。ほかに特徴としては、コンシーラーなどで隠せば目立たなくなるという特徴があります。

続いて、「黒ぐま」ですが、これは年齢を重ねることによりまぶたの皮膚が薄くなり、皮膚の下の脂肪を支えきれなくなって、皮膚の下の脂肪が前にせせりだしてきて、それが下のまぶたに影を作り黒っぽく見えてしまうものです。つまり、むくみやたるみにより出来てしまう「くま」のこと。実際、一番多いパターンは、これです。

なお、手鏡を持ち、あごを上げて顔を上に向け、それで目立たなくなったら、ほぼ「黒ぐま」だと考えてよいでしょう。なぜなら、たるみは重力に影響されるので、上を向くと目立たなくなるからです。

最後の「茶ぐま」は、目の下に小さなシミができて、それが連なって、くまのように見えるもの。つまり、シミ、くすみによるものです。

なお、寝不足で濃くなることもなく、上を向いても薄くならないようであれば、「茶ぐま」の可能性が高いと考えられるでしょう。

さて、それぞれの対策ですが、

1:青ぐま⇒コラーゲンを増やすケア(ビタミンC誘導体、レチノール配合化粧品)+冷え性改善ケア
2:黒ぐま⇒コラーゲンを増やすケア(ビタミンC誘導体、レチノール配合化粧品)+むくみ防止ケア
3:茶ぐま⇒美白ケア(美白化粧品)+ピーリングケア

というのが一般的なケアと言われています。