洗顔は泡が命?いやいやそんなことは・・・



多くの化粧品メーカーが「両手にたっぷりの泡で、顔を包み込むように洗顔するのが正しい」とPRするようになってから、泡立てネットや、泡立ちの良い洗顔石鹸、洗顔フォームがブームとなっています。

しかし、洗顔において、泡の量や質は、さほど重要ではありません。

もちろん、洗顔する際に、指とお肌の摩擦を防ぐために、多少の泡のクッションはあったほうがよいことは間違いありません。

しかし、泡をたてることにこだわって、5分も10分も洗顔に時間をかけているようでは本末転倒なのです。

●参考
洗顔石けんの選び方完全ガイド